2007年08月15日

Schwinn シュウィン MADISON マディソン

フレームから揃えてピストを組むなんて面倒!
すぐに乗りたい!
そんなかたの為にも完成車の紹介でもしてみようかと。

rd-07schw-madison.jpg

Schwinn シュウィン MADISON マディソンの紹介。

ざっと見て行くと、

サイズ  XS(500mm)、S(520mm)、M(540mm)
フレーム  ロードチューンドジオメトリー N'Gauged カスタムダブルバテッドクロモリフレーム
フォーク  SCHWINN N'Gauged クロモリフォーク
フロントハブ  FORMULA TH-50 32H
リアハブ  FORMULA TH-51 32H
タイヤ  SCHWALBE BLIZZARD SPORT 700x23c、仏式バルブ
クランク  TRUVATIV TOURO TRACK 48T、170mm
ペダル  WELLGO アルミ、トークリップ付
ハンドルバー  アルミ、43cm幅
ブレーキ  TEKTRO 510A デュアルピボット
ブレーキ レバー  TEKTRO
リア スプロケット  18T 固定ギア ACS メインドライブ 18T フリーギヤ
サドル  SELLE SAN MARCO PONZA

というような感じ。
ヘッドとシート角があまり立っていないので街乗りも充分快適にいけるはず。
フレームもクロモリだし、ホワイトボディに赤ロゴはステキかも。

値段も実売価格で6万切ってブレーキ付きはお得ですよね。
トークリップもついているし、特にいじる所も無くこのまま乗れる仕様だと思います。
ギアは固定もフリーも選べるダブルコグで、48×18のギア比2.66。ちょっと軽めですが初めて固定に乗るんならこれくらいでも楽でいいかもしれないです。

個人的に、明らかにカンパを意識しているであろうブレーキレバーが好き。
あとマディソンっていう名前も良い。
マディソンは二人一組で行われるトラック競技の名前なんですが、一人づつ交代しながら周回を重ねていく競技です。その交代する時に、走っている選手がこれから走り出す選手の手を引いてグッと押し出すんです。そういうの見てて面白いので好きです。まあ、実際このバイクとは関係無いですけど。


まずピストに乗ってみたいという人はとりあえず完成車に乗って、気になる所があればパーツを交換していく、という感じでいいんじゃないでしょうか。
僕だったらクランクとかホイールを換えたくなりますかねぇ。
高くつくパーツですが、そのあたりはいずれフレームを交換しても引き続き使えるものなので、「これはハマる」と感じたら買っちゃいましょう。走りが変わりますよー。

そしてしばらく乗り込んでみると、どんなフレームが自分に合っているのかとか分かってくる事もあります。もっとクイックなのが良いとか小さめのが欲しいとか固めが良いとか…。そうなったらそこで新しくフレーム買ってパーツを移植すれば良いでしょう。

そうやって自転車がどんどん増えていっちゃったりもするんですけどね…。


【関連する記事】
posted by yu at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | ピスト 完成車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。